Visual Studio 2015でSQL Serverのテーブル表示アプリケーションを作成してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

Visual Studio 2015を使えば、簡単にSQL Serverを利用したアプリケーションを作成することができます。
今回は試しにC#で作成してみたいと思います。

なお、SQL Serverのインストール等については下記記事をごらんください。

Visual Studio 2015SQL Server Management StudioをインストールするVisual Studio 2015


プロジェクトを作成

メニューバーから新規作成、プロジェクトを選択します。

Visual Studio 2015

テンプレートからVisual C#を選択し、Windowsフォームアプリケーションを選択し、OKをクリックします。

Visual Studio 2015

空のフォームが作成されます。

Visual Studio 2015

データソースを追加

次にデータソースを追加します。 メニューバーのプロジェクトを選択し、新しいデータソースの追加をクリックします。

Visual Studio 2015

データベースを選択します。

Visual Studio 2015

データセットを追加します。

Visual Studio 2015

新しい接続をクリックします。

Visual Studio 2015

接続の追加ウィンドウが表示されるので
サーバー名を入力し
SQL Server認証の場合はユーザー名とパスワードを入力します
次にデータベース名を選択し、OKをクリックする。

Visual Studio 2015

次へをクリックします。

Visual Studio 2015

次へをクリックします。

Visual Studio 2015

フォームに追加するオブジェクトを選択します。
例ではテーブルを追加しています。

Visual Studio 2015

データソースをフォームに追加する

データソースをフォームに追加するにはtable名の左横のアイコンをフォームにドラッグアンドドロップします。

Visual Studio 2015

フォームにテーブルが追加されます。

Visual Studio 2015

ビルドし、実行します。

Visual Studio 2015

ここまでコードを一切かかずにアプリケーションが作成できました。
さすが、Visual Studioですね。

##参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA