iTunesのiphoneのバックアップ先を外付けHDDに変更する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

僕の使用しているスマートフォンは「iphone7 plus」です。
「iphone7 plus」は容量が128GBと256GBから選べるのですが、僕は128GBのほうを利用しています。
128GBというとかなり容量が大きいので、ついついデータを入れすぎてしまいます。

さて、iphoneをiTunesに接続すると簡単にバックアップができて非常に便利なのですが、
iphone側にデータがたくさん入っている状態でバックアップをすると、
ローカルドライブにバックアップデータが保存されていくので、容量を圧迫してしまいます。

僕が普段使っているPCは「MacBook Pro」で、ストレージの容量は256GBなので、
ドライブがすぐにいっぱいになってしまいます。

ですので、今回は、MacのiTunesでiphoneのバックアップファイルの保存先を外付けHDDに変更する方法をご紹介しようと思います。
バックアップの保存先変更についてはいろいろ方法があると思いますが、今回はシンボリックリンクを利用します。

まず、ローカルドライブにあるiphoneのバックアップデータの保存先を確認します。
下記のようなURLになっていると思います。※MEの部分は読み替えてください

/Users/ME/Library/Application\ Support/MobileSync/Backup ・・・(A)

次に外付けHDDを接続し、任意の場所に上記のBackupフォルダをコピーしておきましょう。
たとえば、外付けHDDドライブの直下にコピーすると、下記のようなURLになります。※HDD_NAMEの部分も読み替えてください。

/Volumes/HDD_NAME/Backup ・・・(B)

コピーした後は(A)のほうのBackupフォルダは不要なので削除しておきましょう。

では、シンボリックリンクを作成します。
ターミナルを起動して、下記のコマンドを打ち込みます。

上記で説明した(A)と(B)のパスだと下記のような記述になります。

特にエラーが出なければ成功です。

さっそくiphoneをiTunesに接続してみましょう。外付けHDDにバックアップデータが保存されているはずです。

今回は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA