Visual Studio 2015で「’NuGetPackage’パッケージは正しく読み込まれませんでした。」と表示される

はじめに

Visual Studio 2015で「’NuGetPackage’パッケージは正しく読み込まれませんでした。」とエラーメッセージが表示されるようになりました。

「構成の変更または別の拡張機能のインストールが原因で問題が発生している可能性があります。ファイル「C:¥Users¥Me¥AppData¥Roaming¥Microsoft¥VisualStudio¥14.0¥ActivityLog.xml」を調べるとより詳細な情報を取得することができます。

Nuget

続きを読む

JAVAを利用してMySQLに接続してみる

準備

javaからMySQLに接続するためにまずはJDBCを入手します。
JDBCはJava DataBase Connectivityの略でデータベース操作専用のAPIです。

下記からダウンロードしてきます。 http://dev.mysql.com/downloads/connector/j/

「mysql-connector-java-5.1.38.tar.gz」というファイルがダウンロードされました。さっそく解凍します。

するとフォルダの中に「mysql-connector-java-5.1.38-bin.jar」というjarファイルがあるので、適当なフォルダに配置します。

続きを読む

ターミナルからFTPサーバーにファイルをアップロードしたい

はじめに

いろいろ方法はあるかと思いますが、今回はCurlコマンドを使用してみたいと思います。

MacにはCurlは標準装備されているので特にインストールなどは不要です。

さっそくアップロードしてみましょう。コマンドは下記のようになります。

続きを読む

MacにPythonの開発環境を構築してみる

はじめに

macにpythonを導入してみましょう。
実はMacには最初からpythonが入っています。ターミナルから確認できます。

ですので、2.7.10(私の環境の場合)で使用していく場合は特にインストールは不要です。

ただ、Pythonではバージョン2.x系と3.x系があり、互換性がないのでPythonのバージョンを2.x系と3.x系で切り替えたり、さらに詳細なバージョンを指定したいという場合があると思います。

そこで、今回は、Pythonバージョン管理ツールである「pyenv」を利用してMacにPython環境を構築していきたいと思います。

「pyenv」を利用すると、簡単にPythonのバージョンを切り替えることができます。

続きを読む

WordPressの関連記事(あわせて読みたい記事)を表示させるプラグインの導入について

はじめに

WordPressでブログを運営していると、記事の下に関連記事(あわせて読みたい記事)を表示させたいですよね。
方法はいろいろあると思いますが、WordPressには優れたプラグインがたくさんありますので、今回はプラグインを利用したいと思います。

関連記事を表示させるプラグインはいくつか有名なものがありますが今回は「WordPress Related Posts」を使用したいと思います。

続きを読む

Macでファイルを削除しようとすると「〜は削除できないため、ゴミ箱に入れることができません」

はじめに

私は普段パソコンはMacを利用しています。
そして、これは私のデスクトップの使い方なのですが、 基本的にデスクトップは作業中のファイルや一時的に使用するファイルを置いとく場所だと考えているので 作業が終了すると削除するか別のフォルダに移動させています。

そこで、今日もいつものようにファイルを削除していると、「項目”◯◯”は削除できないため、ゴミ箱に入れることができません」と表示されました。

Macでファイルを削除 続きを読む

rmはこわいのでコマンドラインからゴミ箱を利用する

はじめに

rm -rfを間違えて実行して、しまった!と思うことってありませんか?
私はあります。

OSがwindowsやMacの場合は「ゴミ箱」があるので削除しても比較的簡単に元に戻せるので、同じ感覚でrmしてしまうと、取り返しがつかないことになるので少しこわいですよね(ちゃんとバックアップしときなさいよって話ですが、、)。

そこでrmコマンドの代わりにゴミ箱のようなディレクトリを用意して、削除したらデータをそちらに移動する方法がないかなと探してみました。

続きを読む

JRubyについて RubyからJavaプログラムを呼び出してみる

準備

さっそくJRubyをインストールしてみましょう。
基本的には下記のコマンドになります。

ただ、今回は上記の方法ではなく、rbenvでインストールしてみたいと思います。
今回はjruby-9.0.0.0をインストールしてみます。

続きを読む