Macにdockerをインストールしてみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

前回まではVagrantについて中心に書いてきましたが、今回はdockerについて書きたいと思います。

私自身もよく理解できていなかったのですが、よくある疑問としてVagrantとdockerって何が違うの?というのがあります。

そもそも仮想化にはホスト型、 ハイパーバイザー型、コンテナー型という種類があります。それぞれ簡単に説明します。

動作確認環境

  • OS:OS X Yosemite 10.10.5
  • VirtualBox:5.0.10
  • Docker:1.9.1

ホスト型

ホストOS(たとえばMac)に仮想化ソフト(たとえばVirtualBox)をインストールして、その仮想化ソフト上でゲストOSを動作させる方式です。
ちなみに仮想化ソフト上でゲストOS、たとえばCentOSなどを自分でインストールしようとすると、少し手間がかかります。それを簡単にしてくれるツールがVagrantです。Vagrantfileという設定ファイルを使用して、コマンドラインから簡単に仮想マシンを作成することができます。

ハイパーバイザー型

ハードウェアに独自の仮想化管理ソフトウェアである「ハイパーバイザー」を配置して、ホストOSなしで仮想化を行う方式です。Microsoft Windows ServerのHyper-Vなどがあります。

コンテナ型

ホスト型やハイパーバイザー型のようにOSやハイパーバイザーの上で、仮想OSを動かすと、多くのリソースを消費しがちになってしまうが、ホストOS上にあらかじめ論理的な区画(コンテナ)をつくり、ホストOS側からみて、一つのプロセスだと認識させることで、オーバーヘッドが少なくした仮想化技術のことです。dockerはまさにコンテナ型の仮想化技術です。

インストール方法

いろいろと説明しましたが、まずはインストールして使ってみたほうがいいと思います。 では、さっそくインストールしてみましょう。 ちなみに詳しいインストール方法については公式で詳しく説明してあるので、そちらをみてもらったほうが確実に早いですね。

以下、自分用の備忘録のようなつもりで記載します。

  1. VirtualBoxが起動中の場合は終了させておく
  2. Docker Toolboxを下記のURLからダウンロードし、インストールする
    https://www.docker.com/products/docker-toolbox

    Docker Toolbox Docker

  3. インストール完了後、”Docker Quickstart Terminal.app” を実行する

    Quickstart

  4. 実行すると、ターミナルが自動で立ち上がり、defaultというバーチャルマシンが起動します。dockerのマスコットキャラクター「Moby Dock」が現われるはずです。

  5. セットアップが正常に完了しているか確認するためにDockerコンテナを作成してみましょう。公式に説明されている「hello-world」コンテナを試してみましょう。

    インストールに成功しているようです。

  6. 次はUbuntuのDockerイメージを使って、Dockerコンテナを作成し、作成したコンテナの中でHello worldを表示させてみましょう。

    上記のコマンドを実行すると、まずローカルにubuntuイメージがあるかを確認します。
    もしubuntuイメージがない場合は、DockerリポジトリからDockerイメージを探し、ダウンロードしてきます。
    ダウンロード後、コンテナが動き出し、echoコマンドが実行されるという流れです。

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA