rmはこわいのでコマンドラインからゴミ箱を利用する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

rm -rfを間違えて実行して、しまった!と思うことってありませんか?
私はあります。

OSがwindowsやMacの場合は「ゴミ箱」があるので削除しても比較的簡単に元に戻せるので、同じ感覚でrmしてしまうと、取り返しがつかないことになるので少しこわいですよね(ちゃんとバックアップしときなさいよって話ですが、、)。

そこでrmコマンドの代わりにゴミ箱のようなディレクトリを用意して、削除したらデータをそちらに移動する方法がないかなと探してみました。

そしたらありました!

とてもいい感じですね。
さっそくインストールしてみましょう。

Macのターミナルにインストールしてみる

やり方はREADMEに従います。

Macの場合はHomebrewを使えばとても簡単です。

なお、バージョンアップが失敗した場合はupdateしてみましょう。

次にREADMEを参考にエイリアスを設定しておきましょう。

動作を確認してみましょう。

削除できたようです。

削除したデータを元に戻すには、下記のコマンドを使います。
とても便利ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA