VirtualBoxとVagrantでCentOSをローカル環境に構築する方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

LinuxのディストリビューションであるCentOSをローカル環境に構築するときに、「VirtualBox」と「Vagrant」を使用すると便利です。

VisualBoxとはOracle社の仮想化ソフトウェアのことで、たとえば、Mac上でwindowsやCentosなど仮想のOS(ゲストOS)を実行できるソフトです。

ですので、VisualBoxだけでもCentOSをローカル環境に構築することは可能です。

ただ、VisualBoxだけで構築すると、いろいろ面倒な作業があるので、仮想環境構築支援ツールである「Vagrant」を使用するのがオススメです。

Vagrantを介することで、ターミナルから簡単にローカル環境を構築することができます。

今回テストした環境

  • OS:OS X Yosemite 10.10.5
  • VirtualBox:5.0.10
  • Vagrant:1.7.4

方法

1.VisualBoxをインストールする

下記のURLからVisualBoxをダウンロードします。
https://www.virtualbox.org/

Downloads Oracle VM VirtualBox

ダウンロードしたら、VisualBoxをインストールします。

2.Vagrantをインストールする

下記のURLからVagrantをダウンロードします。
https://www.vagrantup.com/

ダウンロードしたら、Vagrantをインストールします。

Download Vagrant by HashiCorp

インストールが完了したら、ターミナルを起動し、下記のコマンドを入力してみてください。
バージョン値が出力されたらインストールは完了です。

CentOSのインストール

次は、インストールしたVagrantを介して、VirtualBox上にCentOSをインストールします。
VirtualBoxにCentOSをインストールするには、作成する元となるマシンイメージファイルが必要になります。
Vagrantでは、作成する元となるマシンイメージファイルを「Box」といいます。
そして、Boxは下記サイトで用意されていますので、CentOSの探してみましょう。

http://www.vagrantbox.es/

A list of base boxes for Vagrant Vagrantbox es

今回はCentOS6.5をインストールしてみたいと思います。
SearchからCentOS6.5で検索すると、CentOSのイメージが見つかりましたので、URLをコピーします。

A list of base boxes for Vagrant Vagrantbox es 2

※ちなみにvagrantbox.esにあるマシンイメージが安全である保証はされていませんので、不安な方はご自身でマシンイメージファイル「BOX」ファイルを作成するといいと思います。下記サイトが参考になります。

では、マシンイメージを追加しましょう。

BOXファイルのダウンロードには時間がかかりますのでしばらく待ちましょう。
ダウンロードが完了しましたら、BOXファイルを使用して仮想マシンを作成します。

ちなみに追加したBOXファイルはホームディレクトリの「.vagrant.d」ディレクトリに保存されています。

まずは仮想マシンの設定ファイルを置くためのディレクトリを作成しましょう。

次に下記のコマンドを入力して、仮想マシンの設定ファイルであるVagrantfileをカレントディレクトリに作成します。
Vagrantfileには、構築する仮想マシンのスペックやプロビジョニングツールの指定など、仮想マシンの構成を記述します。
とりあえずはそのままでOKです。

下記のコマンドで仮想マシンを起動します。

仮想マシンにログインします。

よく使うコマンド

参考

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA