MacにAnacondaでPythonの開発環境を構築してみる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

はじめに

今回はAnacondaを利用してPythonの開発環境を構築しています。

まず、Anacondaについてですが、簡単に言えば、Python本体に数値計算環境を構築するために様々なパッケージを加えたものです。Anacondaを利用すれば、一つ一つパッケージをインストールする手間も省けるので、Pythonによる数値計算環境を構築するのが非常に手軽になります。

Anaconda は、Continuum Analytics 社によって提供されている、Python 本体に加え、科学技術、数学、エンジニアリング、データ分析など、よく利用される Python パッケージ(2016 年 2 月時点で 400 以上)を一括でインストール可能にしたパッケージです。
引用:Anaconda を利用した Python のインストール

動作確認環境

  • OS:OS X Yosemite 10.10.5

Anacondaのインストール

MacにおいてAnacondaをインストールするには、Pythonバージョン管理ツールである「pyenv」を経由します。
「pyenv」を経由する理由としては、下記をご覧になってください。

どうやらAnacondaはHomebrewと同じ名前のconfigを使用するため、ビルドを壊してしまうようです。
引用:Anacondaを入れたらHomebrewの環境が吹っ飛んだ話

では、「pyenv」をインストールします。ターミナルを起動し下記のコマンドを入力してください。
前回の記事でpyenvのインストールが既に完了している場合はこのステップは飛ばしてください。

pyenvのインストールが完了したら、Anacondaをインストールします。
まず、pyenvからインストールできるAnacondaを調べます。

インストールするのは、2.x系と3.x系でもどちらでも良いので(あとで2.x系に切り替えることもできるので)、今回は3.x系をインストールします。
※インストールには少し時間がかかります。私の環境では10分ほどかかりました。

インストールされているか確かめてみましょう

つぎに「anaconda3-2.5.0」をデフォルトの環境としてセットします。

セットされたか確認してみましょう

「anaconda3-2.5.0」の前に「*」があるのでOKですね。

condaでパッケージ管理

Anacondaでは、condaというパッケージマネージャーが用意されています。
pipの代わりと考えるといいと思います。
※なお、pipと併用できるので、condaに入っていないライブラリはpipでインストール可能です。

では、さっそくcondaを使用してみましょう。
念のために、まずはcondaをアップデートしておきましょう。

つぎにcondaを使用して、Anacondaでインストールされているパッケージを確認してみましょう。

つぎにcondaでパッケージをインストール前にインストール可能なパッケージを検索してみましょう。

パッケージを導入するには下記のコマンドを使用します。

パッケージをアップデートするには下記のコマンドを使用します。

パッケージを削除するには下記のコマンドを使用します。

少し長くなりましたので、今日はここまでとさせていただきます。
前半で少し触れた「2.x系への切り替え」については、後日解説しようと思います。

前半で少し触れた「2.x系への切り替え」についての記事を掲載しました。
よろしければご覧ください。

参考


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA