Macにnode.jsの環境構築をしてみる(nodebrew)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Macにnode.jsをインストールしてきます。

node.jsのインストールは比較的簡単で公式サイトからインストーラーをダウンロードし、実行するだけです。

公式サイトからは「最新安定版」と「LTS (長期サポート版) 」の2種類選択することができます。最新安定版なら右側をクリックします。

Node js

ただ、node.jsはバージョンアップの頻度が高く、プロジェクトによってはバージョンを切り替えたくなるときがあります。

そこで、今回は公式サイトのインストーラーからではなく、node.jsのバージョン管理ツールである「nodebrew」を使用して、Macにnode.jsの環境を構築していきたいと思います。

動作確認環境

  • OS:OS X Yosemite 10.10.5


nodebrewのインストール

さて、node.jsのバージョン管理ツールといえば、「nvm」が有名ですが、nvmはbath向けに設計されているそうで、zshと相性が悪かったりするそうです。 なので、今回は評判も良い「nodebrew」を利用したいと思います。

早速「nodebrew」をインストールしましょう。

ちなみにインストールにはHomebrewを利用しますので、Homebrewをインストールされていない場合は、まずHomebrewをインストールしておきましょう。

設定ファイル(.bash_profile)にPATHを通します

正常にインストールされているか、バージョン値を確認しましょう。

node.jsのインストール

続いてnode.jsのインストールをします。 まずはnodebrewからインストールできるnode.jsのバージョンを確認します。

たくさん出てくると思います。 では今回は最新版をインストールしてみましょう。

なお安定版をインストールするには、下記コマンドを実行します。

インストールされているか確認してみましょう。

「v6.4.0」がインストールされました。

では「v6.4.0」を適用してみましょう。

適用されたか確かめてみましょう。

npmについて

node.jsをインストールすると一緒にインストールされるのがnpmです。 npmはnode package manegerの略で、簡単に言えば、node.jsのパッケージを管理するツールです。

インストールされているか確認してみましょう。

OKですね。

本日は以上です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA